引っ越し やること

引っ越し、私自身何度かしていますが、大変なものです。
私の場合は一応それなりに経験があるわけで、言ってみれば引っ越しのプロです。

その私でさえ、いざ自分の引っ越しになると、くたくたに疲れます。
引っ越し前の準備から、引っ越し当日、後日荷をほどいて整理整頓、いろんな手続きもしなくてはいけませんし、引っ越しにはやることがたくさんあります。

中でも梱包は一番大変で、できることなら1カ月前くらいから始めることをおすすめします。
直前、1週間前とか2、3日前になってされる方がいますが、地獄を見ます・・・。

たとえ荷物が少なく1Kとかにお住いの方でも、梱包はかなり時間と手間がかかります。
ゆっくりと余裕を持ってしておかないと、引っ越しにともなうゴミの処分など、予想外の用事で時間が足りなくなりますので。


そんな引越しの梱包で、いくつかコツがあるので、参考にされてみてください。


一、不要なものは極力処分
これはかなり大事で、荷物を減らすことにもなるので、おすすめです。

押し入れの中など、使わない洋服や雑貨が意外とあるものです。
もったいないと捨てずに取っておく方が多いんですが、実は捨てても困らない物がほとんどです。

これらを処分することで荷物が減り、引っ越し先での片付けもぐっと楽になります。
思い出深いものなどあるかとは思いますが、引っ越しをいい機会ととらえ、思い切って処分されることをおすすめします。


二、梱包は一部屋ずつ
梱包でよくありがちなのが、いくつもの部屋を少しずつ片付けていくというやり方。
でもこの方法だと、全部が終わるまでかなり時間がかかり、終わりが見えない事で非常に疲れます。

そこでおすすめなのが、一部屋ずつ行うという方法です。

一部屋を集中して梱包を終わらせることで、達成感もあり、実際はかどります。
また、部屋の中も、まずこの本棚、次は押し入れの中、というふうに、箇所個所を絞って梱包していくと、どんどん終わらせていくことができます。

また、梱包したものは1か所にまとめておくようにすると、作業スペースが確保でき、引っ越し当日も作業しやすくなります。

引っ越し当日は段ボールなどを先に搬出し、大きな家具などは後で積み込みます。
そのため、家具の周囲や上などに梱包した物を置いても問題ありません。